一人暮らしという環境は料理を作るしかない

広い部屋

一人暮らしするには

私の家は自営業をしているので最初は一人暮らしをしたいといった時は反対されたのであります。それはとても残念というかかなり悔しい思いをいたしました。しかしもうこれは強引にお出るしかないと思ってから家を出たのであります。それは親とかに対して四顧し申し訳ないというように感じていたのでありますがまあ仕方ないと思いました。

そこから私は不動産探しをしました。なかなかいい不動産が見つからなかったのでゆうじんに不動産を探すのを手伝ってもらいました。

賃貸マンションという形式のものが刈りたかったのでそれを目当てに探すことにいたしました。なかなかいいところがないかと思っていたところ探すこと1か月、やっといいところが見つかりました。私はその時やっと自分の本当の居場所が見つかったと思いました。

そして今では井取り暮らしマスターとして幅を利かせているのであります。本当に一人暮らししてよかったと思っているのであります。

あの時思いきり家を出て正解だったと今では思います。

今では親とかも心配してくれますしあれから関係は直すことができたのでよかったなあと思います。私は一人暮らしをしてことがない人には一人暮らしをお勧めしたいです。



はじめての一人暮らし

はじめての一人暮らしは大学生でした。当時は初めて親元を離一人で生活をすることに胸を躍らせていた記憶があります。地方都市で家賃は2万5千円。曰くが付いているのではないか何度も確かめての入居でしたが、不動産の方にも丁寧に対応してもらい、いい物件に住むことができました。
間取りは1Rで、一人で暮らすには謙遜ない面積でしたが、ユニットバスという存在に最初は苦戦しました。ホテルじゃん…とびっくりした記憶があります。おふろになかなかつかれない、トイレの匂い…などなれるまでに時間がかかりましたが、住めば都、1か月もしないうちにユニットバスには慣れ、悠々自適な一人ライフを過ごしていました。
ある日シャワーをいつものように浴びて身体をふき、外に出ようと足を踏み出した瞬間、足の裏にひやっと水の気配。
シャワーカーテンから伝った量にしては多すぎるなあと思いつつ、水の出どころを探すと、「排水溝」でした。
実家暮らしだった私にとって、未知の体験です。「排水溝」は母が掃除をしていたので、開けてはならないパンドラの箱のように思えました。
開ける?開けない?開けないと水があふれるぞ…でも開けるのは生理的に怖い…。
30分の自問自答の末、意を決して開けてみるとまさにホラー映画。長い髪の毛がぎっちり詰まっているのですから…。
それが障害となって水を排水できていなかったのです。裸で落ち込みながらビニール袋でむしり取りました。
そんなこと当たり前じゃんと思うかもしれませんが、一人暮らしで何もかもが初めての実家と言う温室育ちのわたしには、カルチャーショックだった記憶があります。

一人暮らしで必要なもの

社会人になって一人暮らしになった。ウキウキしながら会社の近くに家を借りた覚えがある。今は少ないかもしれないが大家さんが一階に住んでいて、電球が切れ…

MORE ▶

1人暮らしをしてから変わった事。

7年程前だったか、初めて一人暮らしをすることにした。その前には友人と同居していたりしていたのだが、1人の方が楽だと思い、そうすることにした。…

MORE ▶

一人暮らしでのパスタ

私は一人暮らしをしているのですが、賃貸マンションという物件に一人で住んでいるのであります。 最初は本当に包丁が持てないほどで何度も手…

MORE ▶

一人暮らしにおける賃貸住宅の重要性

一人暮らしにおける賃貸住宅の重要性は言うまでもありません。一人暮らしは自由で気楽ではありますが寂しいものです。そんな時に、家に帰ったときに余計に寂しくなる…

MORE ▶

メニュー